ノネナール対策には柿渋石鹸やクリームが効果的|ノネナール対策

MENU

加齢臭の原因物質ノネナール

加齢臭とは

 

主に30〜40代の男性にみられる独特の体臭

加齢臭は、ノネナールという物質の発生によって臭いが起こります。ノネナールは、9-ヘキサデセン酸が、皮膚の常在菌によって分解されることでつくられます。9-ヘキアデセン酸は、若い人にはほとんど存在しませんが、加齢とともに皮膚上に多く蓄積され、菌の餌である老廃物も増えることで、9-ヘキサデセン酸を分解する皮膚上の常在菌も増加します

 

加齢臭を抑えるには

 

ノネナールの発生を防止することがポイント。ただ加齢とともに現れる代謝の衰えと、ホルモンバランスの変化が、皮膚上に脂質と老廃物を増やして、酸化や菌の増殖を促してしまいます

 

女性の場合は

 

女性ホルモンが皮脂の分泌を抑えているため、臭いが目立ちませんが、女性ホルモンが減少し始める30〜40代頃になると、男性ホルモンの働きが活発化し、皮脂が増えて加齢臭を発しやすくなります

 

40代女性

若い頃には、体内の抗酸化物質によって細胞の酸化が抑えられていたものが、40歳をすぎると抗酸化物質の働きが弱まり、活性酸素によって酸化しやすくなり、皮脂の酸化を強めて、加齢臭を強くします

 

ノネナール対策には柿渋が効果的

加齢臭の原因ともなるノネナールは、加齢が原因だけではなく、喫煙や脂っこい食事、生活リズムの乱れによっても発生します。特に耳の後ろなどから分泌される為、対策としては耳の裏側をよく洗う事が大切

 

柿渋

柿渋に含まれる柿タンニンは、悪臭成分と化学的に結合して臭いの違う物質に変化させるため消臭効果があると考えられています。そのため柿渋石鹸を用いる事で、加齢臭対策ができます

 

使い方は

 

皮脂腺の多い首筋や腋をよく泡でこすり、数分間そのままキープしてから洗い流すと効果的です。柿渋には緑茶の10倍、ワインの30倍といわれるポリフェノールが含まれ、悪臭成分から臭いのない物質に変えて、中和してくれます

 

 

>>ノネナール対策ケア用品ランキング TOP