運動は加齢臭のノネナール対策・予防になるのでしょうか?

MENU

40代で加齢臭が発生が高まる?

中性脂肪

コレステロールや中性脂肪など、体内に存在している脂肪酸が酸化されるとノネナールとなって加齢臭の独特の臭いを発生させます。若い頃は臭いが発生しないのは、体内の活性酸素を除去するシステムが活発に働く事によって脂肪酸の酸化を抑えて臭いが発生しないようになっています

 

男性ホルモンも関係していて皮脂の分泌の活発化はホルモンによって40代程度でピークとなります。これらの要素が合わさる事によって、若い内は臭いが気にならないのですが、40代頃の中高年になると加齢臭を発生させる人が多いのです

臭いはなかなか自分では気が付きにくい

 

なかなか人からも指摘されないですが、中高年になる頃には加齢臭対策を意識する事はエチケットとして大切な事

 

運動で加齢臭の原因ノネナールは抑えられる?

加齢臭は周囲の人を不快にさせてしまう事からも、ノネナールを抑えたい所であり、そのための対策グッズなども色々と販売されていますが、加齢臭対策は何もお金をかける事ばかりでは無く運動をする事によってもある程度は予防や対策の効果があります

 

ウォーキング

ただ運動が良いとは言っても身体に負担が大きい激しいものよりも軽めの方が良いと言われています

 

軽く汗ばむ程度の運動を週2回30分程度行うという実験を行った結果では抗酸化力が10%程度向上し、脂質の酸化を抑えてノネナールの発生を抑える効果があるという事が分かっているのです。

特にウォーキングや水泳などの有酸素運動と呼ばれる方法の方がより効果的

どうして臭いを抑える事が出来るのか?

適度な運動をする事によってどうして加齢臭の原因物質であるノネナールの発生を抑える事が出来るのかというのは、いくつか理由があります。

脂肪酸の酸化を抑える働きがある

 

抑える事が出来ます。ただし身体に負担が大きい方法で行うと酸素の必要量がそれだけ多くなるので、活性酸素の発生も増加してしまうので気をつける必要がある

脂肪を燃焼させて脂肪の量を減らす事

 

脂肪を蓄積する事が加齢臭の原因ともなるので、身体を動かす事で脂肪を燃焼させて脂肪の量を減らす事でも加齢臭を抑えるのに役立ちます。

汗をかく事によって老廃物を排出する事

 

身体に蓄積される老廃物を抑える効果があり、それが加齢臭の原因を抑える事にも繋がります

 

 

>>ノネナール対策ケア用品ランキング TOP