洗濯物につく加齢臭をどうしたら除去できるか?|ノネナール対策

MENU

加齢臭は洗濯で臭いが移りやすい

加齢臭の臭い

気になる加齢臭「まだまだ若い自分は大丈夫」と思っていても、はっと気づくと、加齢臭が…しかも、なにやら自分の衣服から出ていることに気づいて愕然。そんな事が実際にあります。何故でしょうか?

それは洗濯機が一緒だから

加齢臭で気をつけるべき人は

 

高齢者だけではないのです。高齢者と共に暮らすご家庭でも洗濯のときは加齢臭対策に気をつけなければ、一緒に洗った衣服に加齢臭が移ることがあるのです。そのため洗濯の際の加齢臭対策をどうしたら良いのか、考えてみると、本当の意味で加齢臭対策になります

 

加齢臭が一番つきやすいのは衣服だからです。そのため完全に洗い落とす必要があります

 

加齢臭のある衣服と共に洗う時の注意点

衣服と共に洗う

家族の誰かに加齢臭がするようになったら、よくあるのが洗剤を大目に使うようにしてしまう事。しかし、これではかえって臭いは落ちません。洗剤は適量よりも多く使えばよく落ちるとどころ洗浄力も落ちてしまうからです。そこで洗剤の種類を変えます。

 

加齢臭の原因はノネナール

 

高齢になればなるほど、毛穴から分泌される油を分解したときに生成される物質で臭いの元です。これを取り除いたり、分解する成分が入っている洗剤を選ぶ事(リパーゼと言う成分が入った洗剤が有効)。そのまま洗濯水から家族の他の衣服について臭いが移ってしまいます

 

もう一つは加齢臭を消す

 

ごまかすように香り付の洗剤を使うことです。加齢臭のノネナールの代わりにさわやかな花の香りがしたらノネナールは気になりません。

 

特に頑固な臭いには部分洗いを

どうしても加齢臭のノネナールの強い臭いがする時は、先につけておくことが有効。時間は30分くらいです。バケツに40℃くらいのお湯をくみその中に酸素系漂白剤を使います。お湯を使うのは、洗剤と漂白剤のパワーを最大限に引き出してやるため

 

バケツに洗剤を溶かしておいて、汚れや臭いが気になる衣類の部分に漂白剤を直付けしたあとで、洗剤の溶けたお湯へ浸します。そうして何もせずに30分待つだけです。これだけのことをするだけで臭いの元もなくなります

 

その後で他の衣類と一緒にいつものように洗います。加齢臭は体だけでなく衣服に残っていることが多いので、洗い方や洗剤の工夫をすることはとても大切

 

毎回・毎回つけておくやり方は手間がかかる

正直めんどくさいですよね…加齢臭の原因であるノネナール自体をケア用品でしっかりとケアしていく方が良いかと思いますね^^

 

>>ノネナール対策ケア用品ランキング TOP